商品紹介について

【不眠症の悩み】寝ているのに疲れが取れないという方に

睡眠について


ここでは睡眠の質が良くないと感じている方におすすめするサプリメントなどを紹介していきます。


まずは一度試してみて、どうしても症状が改善されないようであれば病院への受診をお勧めします。


※注意:必ずご一読ください

サプリメントや健康食品はあくまでも補助的に用いるものです。

1ヶ月以上、慢性的に体調がすぐれない場合は病院への受診をお勧めします。

これはセルフメディケーションを推進するものですが、あくまでも病院への受診控えを促すものではありません。


睡眠の質が悪くなる原因とは?


皆さんは「睡眠の質」が悪いということはないでしょうか?


以下に該当している方は睡眠の質が悪い可能性がありますのでチェックしてみてください。

寝る時間はしっかりとれているのに疲れが取れていない

寝る前にスマホやゲームをすることが多い

単純に寝る時間が少ない

寝る時間帯が不規則(夜勤がある)

晩酌をしないと眠れない


など、これらに該当する方は「睡眠の質が悪い」可能性があります。


睡眠の質が悪いと何が良くないのかというと


日中のパフォーマンス(仕事や勉強など)が低下します


自覚していなくても症状としては現れてきているはずです。例えば

勉強面ではなかなか暗記ができない

集中力が続かない

昼食後に眠気がくる

イライラしやすい


など、頭を使うような状況では脳の疲れが取れ切れておらず暗記力の低下や集中力の欠如などがみられてきます。


また、生活リズムが崩れている状態ということもあるでしょう。


それだけではありません。これが長く続いていると様々な病気にかかりやすくなります。例えば

生活習慣病にかかりやすくなる(高血圧、糖尿病など)

子供では発達障害の原因になりうる

認知症のリスクが上がる

がんの発症リスクが高まる


など様々です。それは何故でしょうか?


睡眠をとるということは、その日の疲れをとっていくことになりますが


これには、その日に受けた肌などの傷(細胞や遺伝子レベルで)の修復記憶の整理をするためでもあり


これが円滑に行われなくなってしまうと、傷の修復や記憶の整理がされにくくなります


これが長く続いてしまうと様々な病気にかかりやすくなってしまいます。


そうならないためには、普段から生活リズムを整えることが大事になってきます。


では、具体的にどうすれば良いのでしょうか?


一つずつ確認してみましょう

寝る時間はいつも同じような時間帯に寝ること

寝る1~2時間前には飲食は控えること

お酒の量は控えること(理想は1合程度まで)

寝る30分~1時間前はスマホやパソコン、ゲームはしないようにすること

寝る1~2時間前にはお風呂を済ませておくこと

朝起きたら朝日を浴びること


などが挙げられます。


これらを全て実行できるのであればした方がいいのですが、なかなか大変ですよね?


そこで、睡眠の質を改善をしやすい手助けとなる方法を次の項目から紹介したいと思います。


今回の睡眠改善のための商品紹介はこちらから ↓

赤ちゃんの寝かしつけから大人まで、睡眠環境を整えるトトノエライト。




睡眠の質を改善する方法について


まず、睡眠の質を改善する方法は先程挙げたものになりますが


その中で一番リセットされやすい方法があります。それは


朝日を浴びること


です


これは、朝日を浴びることによって生体内ホルモンの分泌などが整えられます。


それは何故なのかをみていきましょう。


まずは


人間の体内時計というのは実は24時間ではないことはご存じでしょうか?



実は、人間の体内時計は24時間以上あると言われています。


だとすれば、しっかり生活をしていても毎日1時間ずつずれていくことになるんじゃないの?


と思うかもしれません。


しかし、そうならないようにできています。


それは、毎朝体内時計をリセットしているからです。


それが先程の「朝日を浴びること」になります。


朝日を浴びることによって、睡眠を促すホルモンであるメラトニンが調節されるようになります。

では次に、このメラトニンとはどういうものかをみていきましょう。


睡眠の質に関わるメラトニンとは何か?


メラトニンは朝日を浴びてから14~16時間ほどで分泌されてきます。


このメラトニンという生体内ホルモンは睡眠を促すだけではなく


遺伝子(細胞)の新陳代謝を促したり、疲労感をとることから


老化や病気の予防(がんなども含む)にも効果があると考えられています。


つまり、夜間にスマホやゲーム、パソコンなどで強い光を浴びてしまうことによって


メラトニンを分泌する生体リズムが乱れる原因となります。


そうならないためにも


夜は強い光は減らしていき、朝日を浴びるということを始めてみてください。


朝日を浴びることによって、メラトニンの分泌が14〜16時間後に分泌されてきますので


夜の寝る時間には自然と眠気が起こりやすくなります。


しかし、このメラトニンは年齢によって分泌量が変わってきます。


新生児や乳幼児は分泌がまだ完全ではなく、少ない状態です。


10歳前後の学童期であれば分泌量がピークになりますが、50~60歳代になると微量のメラトニンしか生成されなくなります。


そのため、子供の頃は良く眠気が来ていたと思いますが、高齢になってくると睡眠時間は減ってきますね?


それには、このメラトニンも影響していると考えられます。


年齢によっても睡眠状況が影響されるということですが

光の浴び方を工夫することで、睡眠の質をある程度はコントロールができるようになります


その方法を次から紹介していきます。


今回の睡眠改善のための商品紹介はこちらから ↓

睡眠リズム照明 トトノエライト




睡眠の質を改善するための適切な光の浴び方


睡眠の質を良くするためには、寝る前と朝起きた時の光の浴び方にあります。


それを簡単に実行できるようにしたのが今回のおすすめの商品です。


寝る前には、美顔器にも使用されていて美肌に良いとされる赤いLEDライト(波長にして633nm)を使用しています。


睡眠環境を整えるのにはこの赤い鈍い光が良い睡眠を促してくれます。
(赤い光でメラトニン分泌が遮られないようにします。)


一方で、起きる時には朝日のような白い明るいLEDライトを使用しています。
(目覚めを促すセロトニンの分泌を促進し、メラトニンは抑制します。)


これによって、目覚めが気持ち良くなるでしょう。

尚、サプリメントも見てみたいという方はこちらも併せてお読みください↓

https://memorandum-msd.com/a-36/
CHECK!


おすすめの用途例


色んな方に使用できますので、用途例を見ていきましょう。


赤い鈍い光というのは赤ちゃんにも良い効果を望めるでしょう。


この光を浴びる時は寝る時だということを覚えさせることで


生活リズムが整っていない赤ちゃんにも安心してぐっすり睡眠の質を整えられるよう促してくれます。


他には、妊婦の方、小学生のお子さんであっても利用することで生活リズムを整えていくことが実感できるはずです。


仕事や勉強で良い成績を納めたい方は、睡眠をしっかりとるようにすることが重要です。


眠気を感じない頭のすっきりしている状態というのは、疲れを知らず、集中力も高まります。


また、意欲も出てきますので、自然と自分の能力が引き上げられます。


成績に伸び悩んでいる方はこういったところが原因のこともあります。


そのため、まずは生活習慣を見直してみて


それが「睡眠の質が悪い」ということからきているのであれば


光を浴びる習慣をしっかり身につけ、寝る時も光のサポートを受けられるこちらの商品であれば


睡眠時間を無意識にでも、リラックスできる時間帯とすることができます。


睡眠の質が良くなるということは


肌の質の改善を促す(なめらかさ、柔らかさ、ツヤ、キメ、潤いなど)

疲労感を残さないことで、朝からやる気が出る

昼食後の眠気も起きにくくなる

仕事や勉強で集中力が続くようになる

結果的に、いい成績をおさめることができる

太りにくくなり、生活習慣病にかかりにくくなる


これだけのメリットがあるのですから、睡眠一つで人生が好転するといえます。


毎日のことですので、睡眠を疎かにしないようにしてみてください。


生活にハリが出て、人が変わったかのように過ごし方が変わるきっかけとなることでしょう。

なんだか普段の生活にハリがない

疲れやすい

何となくパッとしない


という状況が続いているのであれば、一度試してみることをお勧めします。


原因の一つには「睡眠の質の低下」からきているということもあります。


そのためにも、まずは、自分の生活を見直してみてください。


その時に、始めてこちらが必要だと思えたら使ってみてください。


あなたの人生の質を高める一助になればと思います。


商品についてはこちらからご確認ください ↓

トトノエライトの詳細を見る




    • この記事を書いた人

    TK.Ph

    自分が学んで知った事が、人の役に立つならいいかなと思いサイトを開設 ・食べる事が好きで、そのために運動をはじめました

    -商品紹介について
    -